アンティークのTポット


これ、せんせーのところのホンマもんのアンティーク(100年越)Tポット↓






手のひらサイズで可愛いのだ~♪

せんせーのところにはアヘン戦争時の骨董品なんかもあったりする。歴史の話もして下さるのですが、お茶にも反映しているので、興味深くて面白いんだわ。ってか、ボーママ、中国の歴史知らな過ぎで恥ずかしいわぁ。


ちなみに中国茶を淹れるときは、コッチョン(茶碗蒸しの器みたいなの/笑)または、紫砂(↑)を使うのだけれど、早い話、茶葉によって使い分けるんですね。

用は大きい茶葉や花茶はコッチョンが適しているだとか、鉄観音やプーアル茶は紫砂が適しているだとか、あげればキリがないのだけれど。

同じ茶葉でも茶器が変われば味も変わるんだね。右コッチョン、左紫砂↓






たとえば鉄観音。紫砂で淹れた方がまろやかなお味。紫砂に香りが染みつくっていうのか、使えば使うほど、いい味を出してくれるってことね。
となると、一種類の茶葉につき専用の紫砂が必要になってくるってことにもなりますね。

そんなワケでどんなワケだ(爆…鉄観音が好きなボーママも紫砂デビュ~しますた。使用するまで一手間加えなければならないので、気が向いたらUPしまぁす!




今日も日中はポッカポカ~↓





なので、ソファぢゃ暑いんだろうね、クレートでお昼寝ちう。半眼がホラ~ちっくですが(笑)


空気もクリア(寄り)ですた↓




いまが、散歩には一番適しているのかもね~。また旧正月明けぐらいから蒸し暑い日がやってくるんだろうな。散歩も貯蓄できたらいいのにね^ ^





色んな国があるんだね~↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ



テーマ : 香港
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

凄いですね〜!さすが香港!歴史の桁が違います!アメリカにも歴史があるけど香港の方が聞いたら笑っちゃいますね〜。
写真のTポットも丸みがあり、そして色もいいですね〜!本当に見ているだけでため息が出ちゃう。
お茶によって使われる物が違うというのもとっても興味深いです。グルメじゃない私でも違いが分かるのでしょうか(笑)!?

ふむ・・・

奥が深いのねぇ~、中国茶って!さすが、歴史ある国のお茶!!
茶葉ごとに紫砂を変える・・・とか、つきつめたら楽しそうだな~っ♪
やっぱり、それに合うお菓子も、いろいろ違ったりするのかな?!

ポカポカ香港、うらやましーっ!今年の冬は、雨があまり降らなくていいんだけど
もう~~~っ寒いっ!!毎朝、起きるのツライっす・・・。
ワンコは寒さに強いんだろうけど、うちの新メンバー・モカも、外から帰ってくると
ブルブル震えてるので、しばらく私のひざで丸まって、あったまるのがルーティンに・・・。
ネコみたいで超カワイイ・・・♪
ボビー君も、そんな時代があったかしら・・・?!今やすっかり、ダンディな雰囲気のある、大人ワンコのボビー君☆

ベニー母さんへ

そうですね^^アメリカは歴史が浅いのでアンティークに憧れるのかな〜、と思います。アンティークS多いもんね。
紫砂ね、もちろん手作りなので同じ物は2つとないんですよね。でもでもコピー大国○国なのでなんちゃってもフツーにあったりします。
ワタクシにも判ったのですから、わかります、鼻づまりでなかったら。

Mikaさんへ

思うに、コーヒーと違って中国茶ってどんな食べ物にも合うと思います。兎に角種類が多いからね。飲茶って言葉もあるじゃない^^教室によって洋菓子を出してくれる所もあれば、ナッツ類に拘ってるところもありますよ〜。
すみません、暖かくて。でもね、家の中に居ると意外とアメリカよりも寒く感じるんですよぉ。温度が設定されてるわけでもナシ、建物の造りがダメね!
モカちゃん可愛いよね〜♡ワタクシまで癒されますぅ。柴ちゃんは寒がりなのかな?!その点、ラブ族は寒さに強いからね〜、ベビちゃんの頃から。なんせマイナス30度の散歩道&寒中水泳もへのカッパなボビーだったでしょ^^☆
プロフィール

ボーママ

Author:ボーママ
はい!チーズっ。。

転勤族ファミリーの一員としてシカゴ・東京・香港そしてまた東京と、行く先々で持ち前の社交精神を発揮してしまう2006年8月アメリカはアイオワ生まれの田舎っぺ大将 ボビーの生活記。ちなみにシカゴ→成田→香港上空→那覇→成田→香港→羽田とワンワールド随一のANA搭乗歴を誇るも、マイレージ獲得歴はいまだゼロ!ANAさん、何とかして〜(笑)



ボビーと愉快な仲間たちでごじゃるよっ↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ




ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード